fc2ブログ

記事一覧

4月の観察会は大浜!

案内が遅くなりました。4月の自然観察会は、石田の大浜で開催します。9時~12時頃まで、特に持物等は準備しなくてもいいですが、飲料等は必ず持参ください。自然塾会員は無料ですが非会員は300円を参加費として徴収させていただきます。雨天中止(その場合でも代表は現地には行きます)保険も加入しません、ご了承ください。なお、植物(花)の名前を知りたいだけ、生き物の名前を知りたいだけの方は、ご希望に添えません。観察す...

続きを読む

2月観察会は刈田院川!

壱岐には、大きな河川は少なくそのほとんどが、護岸工事等が行われています淡水の生物や川の周辺環境にはあまり目を向けられませんそこで、今回、河口域から中流まで歩きながら、観察をしてみました双眼鏡初心者のYさん、対象物を一発で視野に入れる練習!そんなことをやってると遠くからツルの声え?あれ?あ!来た!なんと、マナヅルの群がやってきました上昇気流がなかなか見つからないのか私たちの真上をぐるぐる旋回しますこ...

続きを読む

2024_0128_フィールドワーク

壱岐に生息する有尾目は、現時点では、アカハライモリとカスミサンショウウオの2種と考えられています。地元の皆さんにこの2種について尋ねると大半の人が、「あ~、どこでもいるよ」なんて返事が返ってきます。しかし、その産卵地や個体数については、興味がないのか知られていないようです。当会では、壱岐島内で数ヵ所の産卵地を確認しています。今回は、早くから確認されていた産卵ポイントへ行ってみました。田んぼの水路は、...

続きを読む

長崎県下一斉オシドリ調査(壱岐)

1月14日は、毎年恒例の長崎県下一斉オシドリ調査でした。この調査に参加し始めて、どれくらいになるのでしょう。もしかしたら、10年超えてしまっているかな?自然塾の活動も含めて、あまり何年目なんか考えないで活動しているので、取材とかで聞かれるとその度に、調べ直して答えているのが現状です。さて、今回は、調査に入る人員が調整が困難だったので13日と14日に分けて調査しました。参加者は、N村、I藤、F見、S口、D肥、N嶋...

続きを読む

2024_0115_フィールドワーク

新年、初めてのフィールドワークへ出かけてきました。例年に比べ、それ程寒さも感じないのですが天気がイマイチです。あと、雨が降りません。カスミンサンショウウオの産卵場所の状態とカラスバトの観察ポイントの下調べを兼ねて大清水ため池へ行ってきました。毎年観察できている水田横の水路はまだ水が来てなかったのでミニドローンで上空からの撮影を試してみたのですが風にあおられて動画はブレブレでした。次回、再チャレンジ...

続きを読む

新年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さて、当会が毎月発行している「しまの自然情報誌」が昨年末で100号を迎えました。壱岐自然塾の前身である、壱岐野鳥の会を2013年2月に発足し、ブログでの情報発信をしていましたが、紙媒体での発信も必要と思い、その年の9月から「しまの野鳥情報誌」を発行。当時は、プリンターでの印刷でしたが、思いのほかインクの消費が大きく、コストに悩まされ...

続きを読む

10月観察会は大清水ため池

10月22日の観察会は 秋の大清水ため池でした 会員の皆さんは 当日は、所用のため欠席の案内があっていたので 1人で、植物観察しながら、ぐるっと回る準備でいました が、壱岐の自然科学分野での大御所 山内正志氏が参加されました 「もう、脚がね~」 と、いつもおっしゃっていたので まさか、参加いただけるとは!!! なので、2人でスタート! 約1.7㎞の周回道路を 1時間30分でぐるり やはり、夏の猛暑の影響もあっ...

続きを読む

8月の観察会は辰ノ島でした。

なんともま~、暑い夏でした。この記事を書いている今日は、心地よい風が部屋を通り抜けて行っています。秋の虫たちの大合唱はちとうるさいぐらいですが(-_-)暑さ覚悟で壱岐の北に浮かぶ辰ノ島へ行ってきました。その辰ノ島までの生き方は、「辰ノ島遊覧」をご覧ください。さて、今回の参加は、私(代表)、Iさん、Dさんの3名遊覧船に乗り込み、いざ!!!海水浴のための、観光客の邪魔にならないよう周りに気を配りながらの観察近...

続きを読む

壱岐でのアユの確認について

ずーっと疑問に思っていた佐賀や福岡はもちろん五島や対馬でもアユが確認されているのに壱岐だけが確認できない記録は1976年の1個体のみそんな思いでここ数年不定期ですが遡上してくるならココだろうポイントを絞って調査して来たけどこれといった結果はでなかった5月27日大村高校理科部の教諭と生徒がテーマ調査のため来島フィールドガイドのついでに一緒にアユ調査をしてもらいましたこれが大正解!ついに念願だったアユを確認す...

続きを読む

5月観察会のご案内

5月も何かと(本業やPTA)忙しくご案内が遅くなりました情報誌ではご案内してましたが明日、5月14日の自然観察会は男嶽神社周辺を散策します9時にスタートしますのでそれまでに男嶽神社下駐車場にお集まりください雨天中止たぶん、天気は回復する模様...

続きを読む

2023_0426_フィールドワーク

さぁ~て、休みだ!鳥見に出かけよう!深江田原はまだ、麦畑が多いと思うのでひとまず、山崎夕部新田へトラクターが数台作業をしておられるので少し、遠慮して行こう数は少ないけれどチュウサギが入ってきていたこちらは亜種チュウダイサギのはずまだ、オオダイサギ、チュウダイサギの分類を詳しく把握してないので、なんとも内海湾調整池では、キンクロハジロのほかにカルガモ、オナガガモ、シマアジが観察できました深江田原では...

続きを読む

広告

壱岐自然塾とは

壱岐自然塾

2013年2月に「壱岐野鳥の会」として活動を開始し、2015年に「壱岐自然塾」と名称を変更して、壱岐島内の野生動植物を調査観察することで、その素晴らしさや貴重性を広く市民に発信している。

広告

アーカイブ